歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > 歯列矯正のメリットは?見た目以外にも効果あり!

歯列矯正のメリットは?見た目以外にも効果あり!

生まれつき整った歯並びの方は少ないものです。歯並びがひどく悪い場合は、子どもの頃に歯列矯正をしてキレイな歯並びを手に入れる方もいますが、見た目へのこだわりがあまりないと、歯列矯正を行わない方もいます。

しかし、歯列矯正には見た目がキレイになる以外にもさまざまなメリットがあります。見栄えのためだけではなく、歯の健康を考える上で歯列矯正を行った方が良い場合もあるのです。

今回は、歯列矯正をするメリットについてご紹介していきます。

歯列矯正のメリット①歯並びの見た目が良くなる

歯列矯正の一番のメリットとして歯並びの見た目が良くなることを真っ先に思いつく方は多いでしょう。白く整った歯並びは例え他のパーツが同じだとしても、印象がより美しく見えます。ガタガタの歯並びと綺麗に整った歯並び、どちらの方が笑った時の印象が良いかは明白ですね。

美人を表す四字熟語として「明眸皓歯(めいぼうこうし)」という言葉もあります。明るく大きな瞳と整った白い歯は美人を形容する要素であるという意味の故事成語です。唐の時代、杜甫(とほ)が楊貴妃(ようきひ)の美しさをこのように表したことから生まれた言葉で、古くから整った歯は美しいものと捉えられていたことがわかります。

笑ったときに綺麗な歯並びが見えるだけで、笑顔がより魅力的に見えます。一度、歯列矯正をしてしまえば、再び歯並びが歪んでしまうことは少なく、施術を受ければ美人の条件のひとつである綺麗な歯並びを手に入れることができると考えると、それだけでも歯列矯正は魅力的といえるでしょう。

歯列矯正のメリット②顔の歪みを防げる

歯は歯茎、そして顎の骨格にも繋がっています。歯並びが歪んでいることはフェイスラインにも影響してしまいます。例えば歯が歯茎に対してまっすぐ生えているのではなく、異様に外向き、または内向きに生えていた場合、 フェイスラインが張って見えたり、口元が尖って見えたりすることがあります。これをコンプレックスに感じていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん歯列矯正をすれば、すぐに顔のコンプレックスが解消されるというわけではありませんが、正しい歯並びに戻ったことが歯茎、そしてフェイスラインに影響を及ぼし、顔の歪みが少しずつ解消され、左右対称で綺麗なフェイスラインを手に入れられることにも繋がるでしょう。

歯列矯正のメリット③歯磨きがしやすくなる

歯並びが歪んでいると、生えている位置によって凹凸が生じます。例えば八重歯のように、1本の歯が外に飛び出て生えていると、その両隣の歯を磨くことは綺麗な歯並びの方より難しくなってしまいます。このように歯並びが悪いと磨きやすい歯・磨きにくい歯が顕著に現れやすくなってしまいます。

磨き残しがあると、そこから歯周病やむし歯になってしまうリスクが高まります。つまり歯列矯正をすることは見た目を綺麗にすることはもちろんのこと、歯磨きのしやすさ、歯周病・むし歯予防の観点から見てもメリットが大きいです。

歯列矯正の流れと注意点

歯列矯正は検診や検査をして、どのように歯列矯正をしていくのが良いのか、どのような器具を使うのが効果的か相談することから始まります。このときむし歯などが見つかった場合は矯正前に治療しておきましょう。そして検査が終わったら、歯列矯正用の器具を取り付けて、定期的に調整を行いながら歯列矯正をしていきます。

強制器具を着けている部分はしっかり歯磨きをしておかないと、そこがむし歯の温床になってしまう可能性もあります。したがって、歯列矯正をしているときはいつも以上に歯磨きやデンタルケアをまめに行うことに注意しておきましょう。

多額の出費が生じることから経済的に余裕が出た成人後に歯列矯正を始める方も珍しくなく、歯列矯正に早い・遅いはありません。歯列矯正をすることで、顔の印象はガラリと変わったというかたもいらっしゃいます。歯並びが気になる方は、一度、歯列矯正について考えてみてはいかがでしょうか?