歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > 知覚過敏の原因は「象牙質の露出」

知覚過敏の原因は「象牙質の露出」

冷たいものを食べると歯がしみる「知覚過敏」に悩まされている方はいませんか?自覚症状としては、冷たいものを飲食すると歯がしみる、痛みを感じることが挙げられます。むし歯ではないからと知覚過敏の症状を放っておけば、楽しい食事も苦痛へと変わってしまいます。

では、どうして知覚過敏が起こるのでしょうか?原因を一言で言えば「象牙質の露出」です。象牙質の露出はどうして起こるのか、どのように治療していけば良いのかを解説していきます。

歯は象牙質・エナメル質・神経の三層構造

まずは歯がどのような構造になっているのかをご紹介します。

歯は三層構造になっており、内側から神経が通っている歯髄、象牙質、そして歯の表面はエナメル質で覆われています。食べ物や空気、ほかの歯と直接触れ合う場所は、この一番表面にあるエナメル質です。

通常は一番表面のエナメル質が歯をしっかりと守ってくれているので、歯に何かが触れたり、衝撃が与えられたりしても痛みを感じることはありません。

では、何らかの原因により、このエナメル質が失われた場合、どうなるでしょうか?

象牙質の露出が知覚過敏を引き起こす

通常、歯をしっかりとコーティングして守ってくれるのはエナメル質です。実はエナメル質は人間の骨よりも硬く、食事などからしっかりと歯を守ってくれる役割があります。

ですが、そんなエナメル質も酷使すれば磨耗します。また、磨耗したエナメル質が再生することもありませんので、一度磨耗してしまうと磨耗したままになってしまいます。そして、エナメル質を磨耗しすぎると象牙質が露出します。この象牙質は神経と直接触れており、エナメル質に比べるとずっと柔らかいので、敏感な神経に衝撃や温度を直接伝えやすくなってしまいます。

象牙質の露出はなぜ起こる?

象牙質が露出する原因を大きく分けると2つあり、1つはエナメル質がすり減ってしまうこと、もう1つは歯茎が下がってしまうことでエナメル質に覆われていなかった象牙質が剥き出しになってしまうことが挙げられます。以下でその原因を詳しく解説していきます。

食べ残し、磨き残しが原因で口腔内の細菌によりエナメル質が溶かされて象牙質が露出することもあります。これがいわゆるむし歯です。ですがエナメル質のすり減りは、歯の食いしばりや歯ぎしりによっても起こります。すなわち、知覚過敏とむし歯は痛みを感じるメカニズムは同じです。

もう1つの原因である歯茎が下がってしまうのは、歯周病や加齢によってだんだんと歯茎が柔らかくなって、歯と歯茎の間のエナメル質で覆われていない部分が露出してしまうことが原因です。

他にも歯茎が下がってしまう原因があります。それは歯の磨きすぎです。正確にいうと、歯を強く磨きすぎることによって、だんだんと歯茎が後退したり、エナメル質が必要以上に磨耗してしまいます。したがって、歯磨きは適度な強さで、優しく歯を傷つけないように行うことが大切です。

知覚過敏の治療法

エナメル質は自力で再生することはありませんので、知覚過敏になってしまっては治療するほかありません。知覚過敏用の歯磨き粉などを使用することにより、歯の再石灰化を促し、知覚過敏を軽減することは可能です。ですが、重度の知覚過敏の場合はそうもいきません。

神経の痛みを抑える方法、象牙質が露出した部分に薬剤を塗布してコーティングする方法、神経を抜くことで痛みをなくす方法など、さまざまな方法があります。どの方法を選ぶかは、歯科に受診して実際に歯科医さんに口腔内を診てもらうのが一番です。

知覚過敏は100%予防できる明確な方法が確立されていません。しかし、デンタルケアや食いしばり・歯ぎしりの解消で、知覚過敏になる確率を減らすことはできます。むし歯予防・歯周病予防をして口腔内を健康に保つことが知覚過敏予防にもつながるのです。

日々、正しい歯磨きを続けて口腔内を清潔に保ちながら、定期的に歯科検診を受けることが知覚過敏で悩まされないために一番の方法だといえます。