歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > 「歯にいい食べ物・悪い食べ物」の見極め|歯に優しいものを食べましょう!

「歯にいい食べ物・悪い食べ物」の見極め|歯に優しいものを食べましょう!

体の健康も歯の健康も、毎日の食事で大きく左右されます。ただ、いつでも食べ物が手に入る日本では、食品の栄養素や歯と食品との相性についてご存知ない知らない人方も少なくありません。そこで今回は、歯のことを考えて食べ物を選ぶべき理由と、歯に優しい食べ物を見極めるポイントをご紹介します。


食べ物が原因で歯にダメージが及ぶことがある!


人間の歯を形作っているのは、

・主成分であるミネラル(カルシウム・リン)
・象牙質を作るたんぱく質
・カルシウムやミネラルの吸収を手助けするビタミン

といった栄養素です。これらの栄養素は、基本的に食べ物から摂取するしかありません。そのため、偏った食生活や歯に悪い食べ物ばかり食べる生活を送っていると、必要な栄養素が不足して歯が弱ったり、ダメージを負ったりしてしまうのです。多少歯が弱る程度ならともかく、重度のむし歯や歯周病で歯を失ってしまえば、自分の歯は二度と取り戻せません。

自分の歯を維持し、健康的な食事を楽しみ続けるために、普段から歯に優しいものを食べる必要があります。


歯に良い食べ物


「歯に必要な栄養素を含んでいるかどうか」で、歯に良い食べ物を見極めましょう。


・ビタミンの含有量が多い食べ物

ビタミンは、人間が生きていく上で必須の栄養素です。ビタミンCが不足すると歯の象牙質が形成不全を起こす可能性があるため、柑橘類を中心に季節の果物を食べましょう。また、カルシウムなどのミネラルは、そのままの状態だと体にうまく吸収されません。吸収をサポートしてくれるビタミンDの豊富な干ししいたけやしめじなども、歯に優しい食べ物です。

そのほか、歯のことを考えるならエナメル質の形成に関与するビタミンAの豊富なレバーやほうれん草もおすすめです。


・たんぱく質の豊富な食べ物

象牙質の形成に欠かせないのが、体づくりの土台となるたんぱく質です。十分なたんぱく質を摂取していないと、骨や肌の修復にも影響が出ます。牛乳やチーズ、ヨーグルトといった乳製品をはじめ、肉・魚・卵なども積極的に食べましょう。


・カルシウムの豊富な食品

丈夫な歯を作るために必要なのが、カルシウム。ちりめんじゃこや煮干し、チーズなどの
乳製品にも含まれています。


・フッ素を摂取できる食べ物

デンタルケア製品に多数使われているフッ素も、日本茶やめざし、チェリーなどから摂取可能です。


歯に悪い食べ物


「酸っぱいもの」や「甘いお菓子」は、歯に悪い食べ物なので食べ過ぎに気をつけましょう。


・炭酸系の飲み物

歯は、酸に弱いです。水に炭酸を溶かし込んだだけの炭酸水も、摂取すれば歯のミネラルを流出させてしまいます。


・砂糖を使った甘いジュース全般

糖分はむし歯菌の大好物。とくに、砂糖をふんだんに使ったジュースや清涼飲料水は、歯ブラシが届かない歯や歯周ポケットの奥まで糖分を届けてしまいます。喉が乾いた時は、無糖の水やお茶を飲みましょう。


歯に良い食べ方・ケア方法


最後に、歯に良い食べ方やケアの方法をご覧ください。


・よく咬んで唾液を分泌する

唾液は、口腔内を中性に戻し、歯から溶け出たミネラルを修復してくれます。十分な唾液を分泌するために、食事はよく咬んで食べましょう。

・毎日欠かさず歯磨きをする

むし歯菌や歯周病菌の活動を抑えるケアの基本は、歯磨きで食べカスを落とすことです。1本1本丁寧に歯を磨き、口の中を清潔に保ちましょう。

歯に優しい食事を心がければ、食生活も自然と健康的になっていきます。ただし、消化器官の強さやむし歯への耐性は人それぞれ。どれだけ食事を気遣ってデンタルケアをしても、むし歯や歯周病を100%防ぐことはできません。普段のケアと定期検診を組み合わせて、小さな不調も早期発見できるようになりましょう。



参考URL
https://news.mynavi.jp/article/20180502-622021/
http://okamuragroup.com/column/461/
https://toyokeizai.net/articles/-/115727?page=2
https://oral-first.com/oralcare/42/
http://www.mmm.co.jp/hc/dental/consumer/dental_prophylaxis/story_preventive_tooth/index.html