歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > 歯に物が挟まりやすい原因は?上手な対処法を知りましょう

歯に物が挟まりやすい原因は?上手な対処法を知りましょう

食べ物の詰まりを放置すると、歯周病やむし歯といった歯のトラブルが起こりやすくなります。食後、歯に物が挟まりやすい人は、食べ物が詰まった時のために対処法を知っておくと良いでしょう。

今回は、歯に物が挟まってしまう原因や食べカスを放置する危険性、歯に食べ物が挟まってしまった場合の対処法をご紹介します。


原因①歯の間に隙間・段差があるから


歯の間に食べ物が挟まってしまう理由は、大きく分けて2つです。そのうちの1つが、「歯の間に隙間や段差がある」こと。隙間といっても、指で触れて明らかに隙間があることが分かるほど大きな物とは限りません。ほんの少し、0.1ミリから0.3ミリくらいの小さな隙間でも、歯によって細かく砕かれた肉や野菜の繊維質は簡単に詰まります。

歯並びの問題から、歯の間に隙間や段差ができているケースも。かみ合わせが悪いと、上下の歯がずれて当たることになるため、歯が押されて少しずつ歪み、隙間ができてしまう場合もあるのです。むし歯治療等の抜歯後、空いた空間に両隣の歯が移動してしまうこともあります。

また、

・一部の歯が少し高いor少し低い
・むし歯治療でつけた被せ物の高さが合わなくなってきた

なども、段差ができる要因です。


原因②歯の間にむし歯があるから


歯の間に物が詰まる原因の2つ目は、むし歯となります。むし歯とは、口の中にいる細菌が食べ物のカスを餌にして酸を出し、歯に穴を開けてしまった状態のこと。ある程度進行するまでは自覚症状がないため、進行して痛みや知覚過敏が出るまでむし歯になっていることに気づかない人も少なくありません。むしろ、「むし歯になって歯が痛いから歯科へ行く」という人の方が多いでしょう。

ただ、むし歯があると、むし歯の穴に食べ物が詰まってしまいます。特に、鏡等で見て分かる歯の正面部分等ではなく、歯と歯の間など自分の目で見ても気づけない場所にむし歯ができていると、厄介です。


歯の食べ物の詰まりを放置する危険性

・歯周病になる

歯周病とは、数多くの細菌が固まってできたてプラークから出た毒素等が原因で、歯肉に炎症が起きてしまっている状態のこと。炎症が起きて化膿すれば、歯の根本は緩みます。歯と歯の間に食べ物が詰まったまま放置すると、歯や歯肉が圧迫されて隙間がさらに大きくなり、次の食べ物が詰まってしまうのです。こうした悪い循環が続けば、歯周病は急速に進行します。

初期の歯周病には痛みがほとんどありません。気づかない内に歯を支える歯肉が衰え、歯が抜けやすくなってしまいます。

・むし歯になる

歯に詰まったままの食べ物は、むし歯菌にとってごちそうです。特に、歯と歯の間に食べ物が詰まってむし歯になった場合は要注意。外から見えず治療しづらい場所にあるむし歯は、重度化しやすいです。


歯の食べ物の詰まりへの対処法

・こまめに歯磨きをする

食事をしたら、こまめに歯磨きをして食べ物のカスを落としましょう。一時的に食べ物が詰まるだけなら、大きな問題にはなりません。

・歯間ブラシを使用する

歯ブラシだけでは歯間に詰まった汚れを除去できないので、デンタルフロスや歯間ブラシを使いましょう。

・歯磨きできない場合はうがいで対処

どうしても歯磨きができない場合は、うがいもおすすめです。何もしない場合に比べれば、口腔内を清潔に保てます。

・むし歯がある場合は治療する

ある程度進行したむし歯は、放置しておいても治りません。歯科に行って治療を受けましょう。

・被せ物を作り直して高さやサイズを調整する

被せ物をしている場所に物が詰まる場合は、歯科で被せ物を作り直すのもおすすめです。

詰まった食べ物を放置すると、最悪の場合大切な歯を失ってしまいます。手遅れになる前に歯磨きなどのケアを心がけ、定期検診で歯の状態を確認してもらいましょう。



参考URL:
https://news.mynavi.jp/article/20181029-715292/
http://news.livedoor.com/article/detail/14213567/
https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/trouble/01.htm
https://www.lion-dent-health.or.jp/labo/article/trouble/02.htm
http://www.perio.jp/qa/symptom/