歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > 正しい歯磨きのタイミング|「食べたらすぐ磨く」は口臭の元?

正しい歯磨きのタイミング|「食べたらすぐ磨く」は口臭の元?

「食後はすぐに歯を磨こう!」

このように子どものころから何度も言われてきた方が多いと思いますが、実は、近年このことが疑問視されるようになりました。むし歯のできるメカニズムを研究する中で、食後すぐに歯を磨くことのリスクが明らかになってきたためです。

それでは、正しい歯磨きのタイミングは一体いつなのでしょうか?なぜ食後すぐではいけないのでしょう?
順を追ってご紹介していきます。

衝撃の事実!歯は毎食後、溶けていた?

実は、私たちの口の中では、食事をとるたびに細菌によって糖分が分解され、代わりに酸が排出されています。この酸によって歯の成分が唾液中に溶けだす現象が「脱灰(だっかい)」です。

むし歯菌が酸を出す原因となる成分は糖分だけなので、糖分を摂らなければむし歯にはなりません。しかし、ごはんやパンといった主食にも糖分は含まれているため、毎食後のお口のお手入れが必要となってきます。

脱灰によって成分が溶け出した状態の歯はもろいので、歯ブラシで強くこするとエナメル質が削れて傷ついてしまいます。この傷に細菌が入り込んで増殖すると、口臭の原因となることも。そのため、食後すぐの歯磨きはおすすめできません。

唾液に秘められた修復効果

毎食後溶け出した歯の成分は、お口の中が唾液で洗い流されて中性化すると、再び歯に取り込まれます。これが、歯磨き粉やキシリトールを含むガムなどのテレビコマーシャルでよく耳にする「再石灰化」という現象です。

脱灰と再石灰化がバランスよく繰り返されていれば、むし歯にはなりません。しかし、だらだらと時間をかけて甘いものを食べていたり、歯についた糖分をいつまでもそのままにしておいて口腔内が酸性の状態が続いたりすると、脱灰の量が再石灰化を上回ります。それによって歯に穴が開いた状態が「むし歯」です。

唾液には口腔内を洗い流して中性化させる効果があるほか、再石灰化を助ける成分も含まれています。その為、口呼吸で口の中が乾いていると、唾液不足により、むし歯のリスクも高くなるので注意しましょう。

口臭を防ぐための正しいケア

口腔内のお手入れといえば歯磨きですが、歯ブラシだけではどれほど丁寧に磨いてもプラーク(歯垢:口腔内細菌のかたまり)を取りきれません。歯と歯の間の汚れを効果的に取り除くために、フロス(糸ようじなど)や歯間ブラシを併用しましょう。

また、これらを併用してもホームケアだけでプラークをすべて取りきることはできません。美容院に通うように定期的に歯科医院を受診し、プロによる歯石の除去やクリーニングを受けることをお薦めします。

正しい口腔内ケアのタイミングと方法

脱灰と再石灰化のプロセスが終わるまで、約30分程度かかります。そのため、歯を磨く場合は食後30分経ってからにしましょう。

もちろん、それまでに口腔内に残っている糖分を取り除いておけばむし歯のリスクを減らせます。「水でうがいをする」「舌で歯の表面をこする」などの方法なら、歯を傷つけないので食後すぐにしてもかまいません。

水で勢いよくうがいをすると思いのほか汚れがよく取れますし、唾液の分泌を促し表情筋を鍛える効果も期待できます。「昼食後は歯を磨く時間が取れない」などという人は、うがいに力を入れてみてはいかがでしょうか。

食後30分経っていても、歯をあまり強くこするとエナメル質が削れて傷ついてしまいます。軽い力で歯と歯茎の間に毛先が入るようにこすり、汚れをかきだしましょう。歯と歯の間は、フロスや歯間ブラシでケアします。これらの道具もできるだけ毎回使いましょう。

むし歯のメカニズムに沿ったケアを

お口をきれいに保つための歯磨きのはずなのに、歯磨きを頑張ったら口臭がひどくなるなんて、とても悲しいことです。
むし歯のメカニズムを把握し、正しいタイミングで効果的にお手入れしましょう。