歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > 歯磨き粉はいつから?仕上げはどのくらいやる?子どもの歯磨き習得までの流れ

歯磨き粉はいつから?仕上げはどのくらいやる?子どもの歯磨き習得までの流れ

親になると、ともすれば自分自身の歯よりも子どもの歯や健康が気になりますよね。子どもの歯(乳歯)は大人の歯に比べてとてもデリケートなので、お手入れの方法も大人とは少し違ってきます。

大切なわが子に丈夫な歯と健康という贈り物をしてあげるためには、どのように歯磨きを教えてあげれば良いのでしょうか?

歯が生え始めたらお手入れを

生まれたばかりの赤ちゃんには、歯が生えていません。むし歯菌や歯周病菌といった口腔内細菌もいない状態です。赤ちゃんは日常生活のなかで食器の使い回しやキス、唾液の飛沫を通して細菌に感染するため、これらを避けることで感染のタイミングを遅らせることができます。

細菌は歯を足場に定着するため、歯が生え始めたらお口のお手入れをはじめてあげましょう。最初は1日に1回程度、濡らしたガーゼで表面を軽くこすってあげるだけで構いません。

口腔内細菌の栄養となるのは糖分です。母乳やミルクにも糖分が含まれているので、授乳後はお手入れが必要です。白湯には糖分が含まれていないため、飲んだ後のお手入れは必要ありません。

子どもの歯磨きへの恐怖心を減らすテクニック

「子どもが歯磨きを嫌がる」というお悩みをよく耳にします。赤ちゃんがお口の中に異物が入ってくることに違和感や恐怖を覚えるのは当然のことです。

歯磨きをしてあげる際は、親御さんのお膝にお子さんの頭を乗せ、上からのぞきこむようにしましょう。歯ブラシが強く当たると思いのほか痛いので、自分の手の甲などで強さを確かめながら磨いてあげてください。

唇を反対の手で軽く持ち上げ、上唇小帯(上唇と歯茎をつなぐスジ)に歯ブラシが当たらないように磨きます。優しく声をかけ、できるだけ褒めながら磨いてあげると、歯磨きに良いイメージがつきやすくなります。

歯磨き粉はうがいができるようになってから

歯磨き粉を使い始めるタイミングで迷う方も多いのですが、歯磨き粉は自分でうがいができるようになってからで構いません。

市販の歯磨き粉にはフッ素や研磨剤が入っています。フッ素には歯質を強化する作用があり、むし歯の予防効果が期待できます。研磨剤は茶渋などの着色汚れに有効ですが、強く磨くと柔らかい乳歯を傷つけてしまう可能性もあるのです。

歯磨き粉を使うと泡がたくさん出るので、少ししか磨けていないのにしっかり歯が磨けたと勘違いすることも多いようです。そのため、早くから使い始める必要がありません。フッ素によって歯質を強化したいのなら、歯科医院を受診してフッ素塗布の処置を受ける方法もあります。

むし歯を予防するためには、歯磨き粉以外にも「歯ブラシが歯と歯の間や歯と歯茎の間に届くように磨く」「甘いものをダラダラと時間をかけて食べないようにする」などの方法が効果的です。歯磨き粉はあくまでも補助的なものと考えましょう。

仕上げ磨きは中学生まで

3~4歳頃になるとかなり言葉でコミュニケーションが取れるようになってくるので、歯ブラシを持たせて自分で磨く練習をさせてあげましょう。その際、喉の奥をついてしまわないよう、必ず座って磨かせることが大切です。

子どもが自分で磨いた後は、必ず仕上げ磨きをします。特に「6歳臼歯」と呼ばれる最初に生えてくる永久歯は生えてきたことに気づかれにくく、とてもむし歯になりやすい歯です。この歯は正しい噛み合わせを作るためにも大切な役割を果たすので、仕上げ磨きをして、むし歯をしっかり防いであげてください。

永久歯が生え揃うまでは、歯並びがガタガタになるので、しっかりと仕上げ磨きを続けましょう。ただ、毎回だと難しい部分もあるので、子どもの成長に合わせ、2日に1回にしたり、磨き残しの多いところだけにしたりと、調整が必要です。自分でしっかり磨けるようになったら、仕上げ磨きを卒業して構いません。

正しい歯磨き習慣は一生の宝物

むし歯や歯周病を防ぐためには、毎日の正しいお手入れが欠かせません。 お口の健康は全身の健康状態にも影響する大切なものです。正しい歯磨き習慣を身につけてあげることで、お子さんの将来の口腔内の健康を守ってあげましょう。

正しい歯磨き習慣は、一生の宝物といえるかもしれません。