歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > 歯周病になる理由は?未然の対策&発症後のケア方法

歯周病になる理由は?未然の対策&発症後のケア方法

日本人が歯を失う原因としてもっとも多いのが「歯周病」です。歯周病はむし歯と同じく口腔内の細菌が原因で引き起こされる病気で、放置していると身体の他の部分に悪影響を及ぼす可能性もあります。

歯周病によって大切な歯やかけがえのない健康を失わないために、メカニズムを把握して予防を心がけましょう。

歯周病になる理由とそのメカニズム

歯周病はむし歯と同じく、口腔内の細菌によって引き起こされる病気です。その原因となる歯周病菌にはたくさんの種類がありますが、いずれも増殖すると毒素を排出します。歯周病菌の出す毒素で歯茎が炎症を起こした状態が、歯周病の第一段階「歯肉炎」です。

さらに症状が進むと、口腔内細菌のかたまりであるプラークが石灰化し、歯石となります。歯茎の炎症が進み、歯石ができた状態を「歯周炎」といいます。

歯周炎になると歯石を足場にさらに細菌が増殖し、炎症によって歯を支える顎の骨(歯槽骨:しそうこつ)が徐々に溶かされていきます。やがて骨が溶けすぎて歯を支えきれなくなると、歯が抜け落ちてしまうのです。しかも、歯周病の出す毒素には歯茎をマヒさせる成分が含まれており、かなり症状が進行するまで自覚症状がほとんどありません。

歯周病菌はほとんどの人の口腔内に潜んでおり、現在の技術で完全に取り除くことはなかなかできません。日本人の約8割が何らかの歯周病の症状を持っているともいわれています。次のような症状に心当たりのある人は、歯周病にかかっているかもしれません。

□ 朝起きて口腔内がネバつく

□ 歯磨きで血が出ることがある

□ 口臭が気になる

□ 歯茎に痛みやうずきがある

□ 歯茎が赤く腫れている

□ 歯が以前より長く見える

□ 歯と歯の間にすき間ができた

日ごろからこまめなケアを心がけて、口腔内の観察をしましょう。もし、症状があらわれたら歯の周囲の組織が破壊される前にかかりつけの歯科医を受診することが大切です。

歯周病が原因で起きるトラブル

歯周病にかかると歯周病菌や炎症物質が血管を通って全身に運ばれ、さまざまな不調を引き起こすことがわかってきました。

動脈硬化やそれによる脳梗塞、心筋梗塞などのリスクが高くなることが知られていますし、早産や低体重児出産のリスクも大幅に高くなることがわかっています。細菌が肺に侵入すれば、喘息や肺炎の原因となるかもしれません。

また糖尿病や腎疾患などの疾患と併発すれば、互いに悪化を招くこともわかっています。つまり歯周病は、お口の中だけの症状ではなく全身の健康に大きく関わる問題なのです。

心がけひとつでできる歯周病予防

歯周病は口腔内細菌の出す毒素で歯茎が炎症を起こす病気なので、細菌のかたまりであるプラークを取り除くことが大切です。食後は丁寧に歯を磨き、お口の中を清潔に保ちましょう。

特に、歯周病菌は酸素を嫌う嫌気性細菌なので、歯と歯茎の間にある溝に好んで住み着きます。そのため、溝の中に歯ブラシの毛先をそっと入れるようにして汚れをかきだしてください。ただし、強く磨きすぎて歯茎を傷つけると逆効果ですので、優しく磨きましょう。

そのほかにも、次のような条件に当てはまると歯周病のリスクが高くなるといわれています。心当たりのある人は注意してください。

□ 口呼吸で口腔内が乾いている

□ 疲れやストレスが大きく免疫力が下がっている

□ 歯ぎしりや食いしばりの癖がある

□ 歯並びや咬み合わせが悪い

□ 食事のときあまり咬まない

□ 間食が多い、食事の時間が長い

□ 煙草を吸う

もし歯周病になってしまったら

歯磨きで歯茎から出血するなどの歯周病の症状が現れたら、まずは歯科医院を受診しましょう。歯周病は細菌の出す毒素で歯茎が炎症を起こすことによる病気なので、プラークや細菌によって傷んだ組織を取り除くことが治療になります。

症状を放置して、重度の歯周病になってしまうと「歯肉を切開し歯根を目視しながらの歯石除去」「抜歯」「人工骨の移植」などの外科処置が必要となることもありますので、治療時の負担が少なくて済むよう早めに受診を心がけましょう。

歯周病菌は歯石があるとそれを足場にして増殖します。また細菌は、自分の周りに「バイオフィルム」と呼ばれるバリアを張って身を守るので、ブラッシングだけではすべて取り除くことができません。それらの溜まった汚れや歯石は歯磨きでは取れないので、症状がなくても、定期的に受診して、プロの手できれいに取り除いてもらうことをおすすめします。

細菌が繁殖しにくい口腔内環境を作るためには、歯茎のマッサージなどをして血行をよくし、免疫力を上げることも大切です。日ごろから規則正しい生活や栄養バランスの取れた食事を心がけましょう。

大切な歯を失わないために

歯周病は今や国民病ともいえる病気です。永久歯を失うと、二度と元には戻りません。大切な歯を守るために、日ごろからお口の中を清潔に保つ努力を続けましょう。