歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > むし歯治療後も歯の痛みが消えない!その理由とは?

むし歯治療後も歯の痛みが消えない!その理由とは?

むし歯は細菌が原因で引き起こされる病気ですが、風邪やケガと違って放っておいたら勝手に良くなることはありません。しかも、歯科で治療を受けた後も痛みが残ってしまうケースもあります。

その原因によって対処法は違ってきますが、いずれにしても放置するのは危険です。ここでは痛みが残ってしまう原因と、対処法について探っていきます。

原因① むし歯菌に侵された部分が残っている!

口腔内の細菌はお口の中に残った糖分を栄養として分解する際、代わりに酸を排出します。その酸によって歯が溶かされ、穴が開いてしまった状態が「むし歯」です。一度穴が開いてしまうと、むし歯菌に侵された部分を削り取ってその穴を詰め物などで塞がなければいけません。

外見上は小さなむし歯に見えても、内部で穴が広がっていて思いのほかむし歯が進行しているケースも稀にあります。歯科医が見逃すほど小さな穴の奥に、むし歯が残っていたのかもしれません。

原因② 詰め物が神経を圧迫!

むし歯の治療で削った後の穴をそのままにしていると、その穴に汚れが詰まってむし歯が再発してしまいます。そのため、治療後はレジン(歯科用プラスチック)やセラミック製の人工歯などの詰め物で治療の際に削った穴を塞ぎます。

レジンは液体の状態で穴に充填し、紫外線を照射して固めるので、基本的に神経を圧迫する心配はありません。一方セラミック製の人工歯などの場合は、万が一削り方が不十分であると、歯の神経を圧迫してしまったり咬み合わせに合わなかったりするケースも。

しかし、歯の詰め物を作るのは歯科技工士という専門の資格を持った技術者なので、通常はぴったりと詰め物を穴の形を合わせてくれますので、神経が圧迫されることもありません。ただし、むし歯の除去中に神経が一部露出してしまうと、痛みが出やすくなることがあります。

原因③ 神経が炎症を起こしている!

歯の中には細く入り組んだ形の管(根管:こんかん)があり、その中に歯髄(しずい:歯の神経や血管)が通っています。むし歯が進行して歯髄が細菌に感染すると、激しい痛みが襲ってきます。

もし歯髄が細菌に感染している場合は、むし歯菌に侵された歯を削って取り除いても、痛みが引きません。そうなると歯髄を抜き取り、根管に薬剤を充填して密封する「根管治療」が必要となります。

原因④ 一時的に神経が反応しているだけ

実は、治療後の痛みの原因として最も多いのが、このケースです。歯の表面はエナメル質という硬い組織で覆われていますが、その奥には象牙質と呼ばれるやや柔らかい組織があります。

象牙質には歯の内部に向かって無数の小さな穴が開いているため、この深さまで削ると一時的に神経が刺激され、痛みを生じることがあるのです。実は知覚過敏の症状も、この象牙質の穴から神経に刺激が伝わることが原因といわれています。

一時的に神経が反応しているだけであれば、2~3日もすれば痛みが引いてくるはずです。治療後1週間を過ぎてもまだ痛みが引かない場合は、ここでご紹介したような別の原因があるのかもしれません。

1週間を過ぎたら相談を

治療後1週間を過ぎても痛みが引かず辛い場合は、迷わず歯科医院に相談しましょう。歯髄が感染を起こしている場合は根管治療が必要ですし、もし、むし歯の削り残しや詰め物による圧迫をそのままにしていると、いずれ歯髄が細菌に感染してしまうかもしれません。

むし歯を放置しておくと痛みが徐々にひどくなりますし、治療にかかる時間やお金の負担が大きくなるばかりです。大人になって失った自分の歯は、二度と生えてきません。治療時の痛みを軽減する方法も多数開発されているので、まずは歯科医院を受診してみましょう。