歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > 矯正はすぐに取り掛かるべき!噛み合わせの悪さを放置する危険性

矯正はすぐに取り掛かるべき!噛み合わせの悪さを放置する危険性

「歯並び」や「噛み合わせ」が気になっていても、「矯正治療にはお金がかかるし」「治療器具をつけて目立つのはイヤ」などと、放っておく人が多くいらっしゃいます。

 

しかし、歯並びや噛み合わせが悪いと、見た目だけでなく健康にもさまざまな悪影響を及ぼすことがわかっています。今回は噛み合わせの悪さが招く健康への悪影響をまとめました。

 

 

健康リスク1 顎関節症

人間の顎や歯が正常に発達すると、歯は重なることなく一列に並び、上の前歯が下の前歯に少しかぶさるような位置で奥歯数本が噛み合います。この状態だと噛む力が分散し、1本の歯や顎の関節に極端な負担がかかることはありません。

 

しかし、現代人の食生活は柔らかく食べやすいものが中心となり、噛む回数が足りないため顎が発達しにくくなりました。

 

その結果、歯が並ぶスペースが足りず歯がデコボコに生えたり、奥歯の一部しか噛み合わなくなったりします。それが「噛み合わせの悪い状態」です。

 

むし歯や歯周病、指しゃぶり、爪噛み、ほお杖、歯ぎしり、加齢なども噛み合わせに悪い影響を及ぼすことがわかっています。噛み合わせに悪影響を与えるクセをお持ちの方は、直すよう心がけましょう。

 

噛み合わせの悪い状態が続くと顎の関節に負荷がかかり、次のような顎関節症の症状があらわれることがあります。どれか一つでも心当たりがあれば、もしかしたらあなたも顎関節症かもしれません。

 

【顎関節症の症状】

  •  顎の痛み(顎関節痛、咀嚼筋痛)
  •  口の開きにくさ(開口障害)
  •  口を開けると顎からカクカク、ポキポキなどの音がする(顎関節雑音)

 

顎関節症は命にかかわるような病気ではありませんが、大きなものが食べにくくなったり、慢性的にひどく痛むようになったりすることもあります。一時的な症状はいずれ治ることもありますが、症状が長引くようなら歯科・口腔外科を受診しましょう。

 

 

健康リスク2 顔や表情が歪む

成長期に噛み合わせの悪い状態を放置すると、それに合わせて顎が発達し、顔の骨が歪んで成長してしまうことがあります。例えば反対咬合(はんたいこうごう:下の前歯が上の前歯より前に出ている噛み合わせ)だと、下顎が発達しすぎる下顎前突になるかもしれません。

 

このように顎の形や大きさ、位置などに異常が生じると「顎変形症」と診断されます。顎変形症は矯正治療と合わせ、外科手術を受けなければ根本的な治療が望めません。

 

成長期が終わった大人でも、噛み合わせが悪いと筋肉のバランスが崩れて顔の形や表情が歪んでしまうことがあります。バランスよく顔の表情筋を使える状態が、豊かで自然な表情を生み出します。

 

 

健康リスク3 歯ブラシが届きづらい為、むし歯になりやすい

歯並びが悪いと歯と歯が重なった部分ができ、細かいところに歯ブラシが届きにくくなります。細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)や食べかすが十分に取り除けない為、丁寧に磨いているつもりなのにむし歯になってしまうことも。

 

噛み合わせが悪いと食事の時にしっかりと噛めないので、口の動きによって自然に汚れが落ちる自浄作用や、汚れを洗い流す作用のある唾液の分泌量も減ることになります。歯並びが悪いと、さまざまな意味でむし歯のリスクが高まります。

 

 

気になる人は早めに受診を

この他にも噛み合わせが悪いと、しっかりと食べ物を噛めないので消化器官に負担がかかる為、口内炎になりやすかったり、身体全体のバランスが崩れて肩こりや腰痛の原因となったりすることもあります。

 

欧米に比べて日本ではまだそれほど矯正治療が一般化していませんが、近年では少しずつ大人の矯正治療が増えてきました。噛み合わせの状態によっては、部分矯正などの治療で対処できるかもしれません。

 

歯並びと噛み合わせが良くなると、口もとに自信が持て表情も明るくなります。「ずっと前から気になっている」という方は、まず一度、矯正歯科に相談してみてはいかがでしょうか。