歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > 親不知を抜歯するべき理由!知られざる親知らず放置のデメリット

親不知を抜歯するべき理由!知られざる親知らず放置のデメリット

「親知らずを抜いた」「そろそろ抜かなくちゃ」と周囲の人から聞かれたことがある方は多いと思います。なかには、永久歯は一度抜けると生え変わらないのに、わざわざ抜くことを疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに抜かずに済めばそれが一番なのですが、親知らずは早めに抜歯するべきである場合がほとんどです。その理由と、親知らずが生えてきた場合の対処法をご紹介していきましょう。

 

 

親知らずとは

そもそも親知らずとは、永久歯の中で一番遅く(主に10代後半から20代前半)一番奥に生える歯で、親に知られることなく生えることからその名が付いたといわれています。

 

現代の永久歯の標準は28本ですが、左右上下1本ずつの親知らずを入れて32本生えるのが正常でした。

 

現代人の食生活は、柔らかく食べやすいものが中心です。昔は硬いものをしっかりと噛んで食べる習慣があったため、成長期に顎が大きく発達していました。そのため、歯が多くてもきれいに並ぶスペースが十分に確保できていたのです。

 

しかし現代人の細い顎では、32本もの歯がきれいに並んで生えてくる場所が不足している為、その結果、親知らずが真っ直ぐに生えず傾いて生えてきたり、埋まった状態になったりしてしまうことが多く見られます。また親知らずは必ずしも4本揃っていない人や、生えてこない人も珍しくありません。親知らずの生え方にこうしたの異常があると、親知らずを抜歯する必要がでてきます。

 

 

親知らずを抜く理由

歯磨きしづらいためむし歯になりやすい

親知らずが曲がったり傾いたりして生えてくると、歯の一部が歯ぐきに埋もれたままになり、歯磨きしにくくなりがちです。歯ブラシが行き届かないとむし歯のリスクが高まります。

 

もしむし歯になってしまった場合、親知らずは奥に生えるため治療器具が届きにくく、たとえ治ってもむし歯を再発しがちです。健康な状態の維持が難しいと判断されれば、抜かなければなりません。また、隣の歯をむし歯にしたりというように、周囲の健康な歯に影響すると診断された場合、抜歯することがあります。

 

噛み合わせや歯並びに悪影響が出る

現代人は顎が細く歯が並ぶスペースが足りない人が多く、歯が重なったりデコボコになったりして生えてくるので、噛み合わせや歯並びが悪くなりがちです。その状態に親知らずが加わると、さらにスペースが圧迫されて状況が悪化します。

 

また親知らずが横向きに生えてきた隣の歯を押す力で、隣の歯の根が溶けて吸収されてしまうこともあります。放っておいて隣の歯の根が吸収され過ぎると、将来隣の歯を早く失ってしまうかもしれません。

 

 

歯周病のリスクが高まる

親知らずに歯ぐきが一部覆いかぶさったままになると、プラーク(歯垢)に含まれる細菌の毒素で歯ぐきが炎症を起こし、顔が腫れたり口が開きにくくなったりする原因となることがあります。抗菌薬(化膿止め)や消炎鎮痛薬(痛み止め)などで炎症を鎮めたあと、歯ぐきを切り取って様子を見ることもできますが、炎症を繰り返す場合は抜かなければなりません。

 

また、完全に歯ぐきに埋まった状態では、親知らずの周りに水が溜まって感染を起こし、腫れや痛みを起こすこともあります。基本的には良性ですが、親知らずとともに腫瘍を摘出して悪性でないか検査する必要があります。

 

 

上下左右が噛み合えばOK

親知らずとはいっても歯の一部。上下左右が生え揃い、きちんと噛み合っていれば抜く必要はありません。レントゲン検査をして骨の中に完全に埋まっており、周囲の歯や骨を圧迫していないものもそのままにすることがあります。

 

うまく生えていない親知らずを抜く際は歯ぐきを切開したり、骨を削ったりと大掛かりになることもありますが、それでも抜くと判断された場合は、ほかの歯や骨への悪影響が出ているときです。それを放っておくと炎症が悪化して隣の歯までダメになることもあるので、抜くべきと判断された親知らずは放置せず、かかりつけの歯医者さんで適切に処置してもらいましょう。