歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > とにかく意識が高い!歯科先進国スウェーデンの「むし歯予防への姿勢」

とにかく意識が高い!歯科先進国スウェーデンの「むし歯予防への姿勢」

歯科先進国として知られるスウェーデンは、かつては多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。しかし、国を挙げてむし歯予防に取り組んだ結果、現在では世界一のむし歯予防国となっているのです。そのむし歯予防への姿勢は、とにかく意識が高く大変参考になります。そこで今回は、歯科先進国スウェーデンに学ぶむし歯予防法をご紹介します。

 

 

オーラルケアグッズが充実している!

スウェーデンでは、1970年代から予防歯科を義務化しており、むし歯の予防に取り組んでいます。むし歯予防で最も大切にしているのが、日々の歯磨きです。そのため、スウェーデンには数多くのオーラルケアグッズが販売されています。実際に広く使われているオーラルケアグッズは、次の通りです。

1.歯ブラシ

スウェーデンでは普通の歯ブラシの種類も大変豊富に揃っています。そして、歯磨きの際には普通の歯ブラシだけでなく、「ワンタクトブラシ」と呼ばれる歯ブラシも使用します。「ワンタクトブラシ」とは、一つひとつの毛先が小さな山型になっている部分磨き用歯ブラシです。

普通の歯ブラシでは磨けない細かい場所を掃除するのに適しており、ワンタクトブラシで徹底的に磨くことができれば、常に歯の清潔を保つことができるでしょう。

 

2.歯間ブラシ・デンタルフロス

ワンタクトブラシでも磨くことができない歯と歯の隙間の掃除では、歯間ブラシやデンタルフロスを使います。特に歯間ブラシは、スウェーデンでは国民の70%以上が使用していると言われているほど普及しているため、ブラシ部分のサイズや持ち手の長さなど実に多くの種類が販売されているのです。

 

3.うがい薬

スウェーデンでは、SB12といううがい薬が店頭によく並びます。このうがい薬は、スウェーデン国内のいくつかの大学が共同研究して開発したもので、むし歯や歯周病予防の効果も学会等でたくさん発表されています。

このSB12には、殺菌作用のあるクロルヘキシジンとむし歯予防のフッ素などの成分が含まれています。その中でもクロルヘキシジンは、最も歯周病予防の効果が高い成分として世界中の歯科界ではよく知られている成分です。

しかし日本では、アナフィラキシーショックが報告されていることや、フッ素入りのうがい薬は法律で市販できないことから、SB12は販売されていません。

 

 

フッ化物配合の製品も多い!

スウェーデンでは、フッ化物配合の製品も多く販売されています。ほぼすべての歯磨き粉にはフッ化物が配合されており、その量は日本とは比べ物にならないほどです。しかし、日本でも2017年3月にフッ化物濃度の上限が引き上げられ、欧米諸国と変わらない基準になったため、今後販売される歯磨き粉に含まれるフッ化物の配合量も増えてくるでしょう。

また、歯磨き粉以外では、トゥースピックと呼ばれる製品にも先端にフッ化物が染み込ませてあります。トゥースピックとは、日本でいう爪楊枝です。スウェーデンでは歯間ブラシを使う必要のない若い人に良く使われています。

さらに、ガムにフッ化物が配合されていたり、フッ化物の錠剤が売られていたりと、スウェーデンでは実に多くの製品にフッ化物を配合することからも、積極的にむし歯予防を行っていることがお分かりいただけるでしょう。

 

 

大学の研究と協力して発展してきたメーカー「TePe」のケア製品が大人気!


スウェーデンでは、マルメ大学歯学部で研究し協力することで発展してきたメーカー「TePe」のケア製品がたいへん人気です。オーラルケアに関わる製品のほとんどを網羅しており、歯ブラシや歯間ブラシだけでなく、歯磨き粉や入れ歯洗浄剤なども作っています。

 

また、歯医者で使うメスや歯を削る道具などの研究開発も行っているため、信頼性の高いメーカーとしてスウェーデン国内では多くの病院や歯医者で販売されているほどなのです。日本では、インターネットやごく一部の歯医者で購入することができます。

 

このように、スウェーデンでは国全体でむし歯を予防する姿勢を見せることで、むし歯発生率を抑えることができています。ぜひ私たちも、スウェーデン式のむし歯予防法を取り入れ、むし歯になりにくい環境を整えていきましょう。