歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
TOP > 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム > アフリカゾウの歯は何本??

アフリカゾウの歯は何本??

動物の歯は、大きさ、形状や数など、種によって様々であることをご存知でしょうか。自然界に生きる動物たちにとって、歯を失うことは命にかかわります。だから、人間のように歯みがきなどのケアをしなくても、健康を維持するユニークな仕組みや習性を持っていることも多くあります。今回は、意外と知らない『ゾウのお口の中』に注目します!長―い鼻の下にあるお口には、どんな秘密が隠れているのでしょうか?!

 アフリカゾウとは?

基本データ

    • 長鼻目ゾウ科アフリカゾウ属
    • 体長:6~7.5m
    • 体高:3~4m
    • 体重:5~7t
    • 食性:草食
    • 寿命:野生で60~70年

 

ゾウの食事は?

野生では木の葉や枝、根、樹皮、などを食べています。動物園などの飼育下では青草、乾燥草、草食獣用ペレットなどのほか、サツマイモやトウモロコシ、ニンジン、リンゴなどを与えていて、甘い果物が一番の好物です。

 

ダラダラ食べの名人!?1日の大半は食事中

ゾウは、1日のほとんどの時間を食事をして過ごしています。大人のゾウの場合は、毎日12~18時間かけて200~300kgもの草や木、果実などを食べ、水も1日に100ℓ以上飲みます。1日中ダラダラと食べ続けているのです。この食事の量、非常に多いと思うかもしれませんが、ゾウの体重から考えると、どちらかと言えば小食なのだそうです。野生のゾウはアフリカの厳しい気候の中で生きているので、そのような環境に適応して粗食に耐えられる体になっています。

一方で私たち人間には、ゾウのような『ダラダラ食べ』は好ましくありません。私たちの口の中は、食事を摂るとpHが酸性に傾き、脱灰(歯が溶けること)が起こります。この酸性の状態から、唾液の働きにより一定の時間を経て元に戻り、再石灰化が行われているのです。“ダラダラ食べ”をするとこの再石灰化を妨げ、歯が修復されずにダメージを与えてしまうのです。

 

ゾウの歯はたったの4本!?

実はゾウの歯は、上下左右に一本ずつ、たったの4本しかありません。しかも、そのすべてが臼歯です。ちょうど大人の靴の底のような形をしています。1本の歯は重さが3~5kgもある位に巨大です。歯の表面は、洗濯板のようにギザギザと溝が刻まれていて、木の葉などの硬い食べ物をすりつぶすのに適しています。ちなみに、ゾウの牙は門歯と呼ばれる歯の一種で、アフリカゾウにはオス・メスともにあり、生きている間はずっと伸び続けるそうです。歯の数も形も、私たち人間とは大きく異なりますね。
ゾウの口の写真

ゾウの歯は一生の間に5回も生え替わる!

60~70年の生涯のうち、ゾウは臼歯が5回も生え替わります。その仕組みはとてもユニークで、今使っている歯がすり減ると、その後ろから新しい歯が生えてきて、古い歯が手前に押し出されるように抜け落ちるのです。ゾウの一生は、5回生え替わった後の歯がすり減る頃に、寿命を迎えます。

ゾウの歯の生え替わりは、乳歯の下から永久歯が生えてきて、その歯を一生使う私たち人間とは、かなり異なる仕組みです。私たちの歯は一生ものなので、永く大切に使いたいものですね。

 ゾウの臼歯のイラスト

 


人間と違い、不思議な秘密がたくさんあるゾウのお口の中をご紹介しました。興味のある方は、他の動物の事も調べてみてはいかがでしょうか。