歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
  1. TOP
  2. 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム
  3. 歯ぎしりを治すおすすめの方法とは?

歯ぎしりを治すおすすめの方法とは?

眠っているときなど、無意識のうちに歯を擦り合わせたりグッと噛みしめたりする「歯ぎしり」。これを放置しておくと、歯だけでなく身体にも悪い影響を与えることがあります。

 

今回は、歯ぎしりの原因や歯ぎしりがもたらす症状、治す方法などをまとめて紹介します。

 

 

歯ぎしりの原因は?

歯ぎしりの原因やメカニズムについて、現代医学ではまだ明確になっていません。

 

子どもの場合、噛み合わせをよくするために歯ぎしりで歯並びを調節しているという説もありますが、歯ぎしりは大人でも表れる症状です。大人の歯ぎしりの原因として、いちばん考えられるのは過度な緊張やストレスだといわれています。

 

強いストレスを感じると、人は無意識のうちに体を揺らすなど何らかのしぐさをあらわす傾向があります。歯ぎしりもそのしぐさのひとつ。仕事やスポーツなど、過度な緊張やストレスで無意識に歯を食いしばる癖がある人は、眠っているときにも歯ぎしりをしていることがあるようです。

 

また、睡眠が浅い人も歯ぎしりが多いといわれます。とりわけ、お酒やタバコが多い人は睡眠が浅くなりやすく、眠っている間に歯ぎしりをしやすいとされています。

 

 

歯ぎしりを放っておくと多くの悪影響が…

歯ぎしりを治さないと、口の周りだけでなく身体にもさまざまなトラブルが生じやすくなります。その症例をいくつかご紹介しましょう。

 

歯周病

歯ぎしりで歯の根元に強い力が加わると、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)が拡大し、細菌が入りやすくなります。その細菌が増殖すると歯ぐきの炎症、すなわち歯周病になりやすいといわれます。

  

知覚過敏

歯ぎしりをすると、歯の表面を覆うエナメル質が削られ、象牙質が表面に出てきます。 冷たいものを食べると歯がしみるといった症状も、歯ぎしりが原因かもしれません。

  

頭痛や肩こり

歯ぎしりをしているときは、顔や顎、側頭筋など頭から首、肩の筋肉が過度に緊張している状態でもあります。この状態が長く続くと筋肉が強張り、頭を締め付けるような頭痛や肩こりの一因につながります。

  

顎関節症

口を大きく開けられなかったり、ひどい場合は顎が痛くて食事が取れないといったトラブルも、歯ぎしりが原因で起きることがあります。

 

 

自宅でできる歯ぎしり改善におすすめの方法

まずは、自宅でもできる歯ぎしりを治す方法を紹介しましょう。

 

意識的に上の歯と下の歯を合わせない

起きているときに歯ぎしりをされる方は、意識的に上の歯と下の歯を合わせない(噛みしめない)ようにします。噛みしめているのに気付いたら、すぐに離すよう習慣づけることで、眠っている間も歯ぎしりをしないようになっていきます。

  

顔のマッサージ

顔の筋肉が緊張している状態が続くと、歯ぎしりをしやすくなりますので、筋肉をほぐすマッサージをしてみましょう。特に頬や顎周りの筋肉をマッサージして、リラックスした状態にしましょう。

  

過度なアルコール摂取を控える

お酒をたくさん飲みすぎると眠りが浅くなり、歯ぎしりを誘発させやすくなります。 眠る前にお酒を飲むときは適量を守り、飲みすぎないようにしましょう。

 

 

なかなか改善しない場合はクリニックに相談

歯ぎしりを治すには、歯科医師に診てもらうのがいちばん有効です。自覚症状がなくても、歯の削れ具合などから歯ぎしりをしていることがわかります。

 

歯科医院での治療方法には、マウスピースで噛み合わせを調整する矯正治療や、薬物療法による噛み合わせ治療などがあり、歯ぎしりの改善を目指します。お悩みの方は、まずはお近くのクリニックで相談してみましょう。