歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
  1. TOP
  2. 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム
  3. 歯の詰め物が取れたときの正しい対処方法

歯の詰め物が取れたときの正しい対処方法

治療の済んだむし歯の詰め物が、食事中に取れてしまった…!そんな経験を持つ方はかなりいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、そんなときの正しい対処方法を知っているという方はそう多くないと思います。

 

今回は、歯の詰め物が何かの拍子に取れてしまった場合、どのように対処したら良いかをご紹介します。

 

 

詰め物が外れる原因は?

硬かったり噛みごたえのある食品を噛んだ拍子に詰め物が取れるケースはよくありますが、それはきっかけに過ぎません。歯の詰め物が外れる主な原因は、詰め物の内部が新たにむし歯になってしまっていることだといわれます。むし歯になった部分が溶けて歯の形が変わり、詰め物の形とズレが生じたことで取れやすくなってしまうのです。

 

よって、詰め物をもとに戻すためだけでなく、できてしまった新しいむし歯を治療するためにも、早めにかかりつけの歯科医院を受診したほうが良いでしょう。

 

むし歯以外の原因としては、詰め物や、歯と詰め物の間の接着剤の劣化が挙げられます。
この場合は新しく詰め物を作り直すことになります。

 

いずれにしても、詰め物が外れた箇所はむし歯治療で表面を削り取られているため、歯の内部がむき出しになっており、傷つきやすい状態になっています。そこからさらに歯が欠けたり、むし歯になったりしやすい状態なので、歯科医院への早期受診をおすすめします。

 

 

自分で対処してはいけない理由

取れてしまった詰め物が手元にある場合、つい自力でもとの位置に戻してしまいたくなりますが、単純に元通りにするだけでは問題があります。

 

外れてしまったということは、先にお伝えしたように、歯の形と詰め物の形にズレが生じている可能性があるので、うまくはめたとしても、またすぐに外れてしまう可能性が高いのです。その際に、うっかり詰め物を飲み込んでしまうことも考えられます。

 

また、無理に戻そうと力をかけることで、詰め物が変形してしまう恐れもあります。

 

取れてしまった詰め物は、変形させないようピルケースやタッパーのようなしっかりした容器に入れて保管し、受診の際、歯科医院へ持参してください。

 

 

早めに歯科医院へ行こう

詰め物が取れてしまった後、特に痛みもないからとそのままにしてしまったらどうなるでしょうか?

 

その答えは「むし歯や歯周病のリスクが上がる」です。

 

そもそも、詰め物が取れる原因がむし歯である可能性が高いことは先にもお伝えしました。また、詰め物が外れてできた溝や隙間には食べ物が入り込みやすく、歯垢がたまって歯周病になる可能性も高いのです。ほかにも、歯の内部がむき出しになることで知覚過敏になりやすかったり、欠けやすくなっていたりと、放置して良いことはありません。

 

詰め物が取れてしまっても、痛みなどがない場合はつい後回しにしてしまいがちだと思いますが、早めにかかりつけの歯科医院を受診することが大切です。

 

 

まとめ

「一度は治療の済んでいる歯だから」と甘く考えてしまいがちですが、歯の詰め物が取れたらなるべく早めに歯科医院を受診することが大切です。その際、取れた詰め物が手元に残っていれば、忘れず持って行きましょう。もし、変形していてそのまま使えない場合でも、歯科医が摩耗具合などを見て次の詰め物を作るときに役立つ情報を得られるからです。

 

受診までの間は、なるべく詰め物が取れた歯で噛まないようにし、歯磨きでは内部を傷つけないように丁寧なブラッシングを心がけましょう。