歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
  1. TOP
  2. 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム
  3. 口臭予防は大人のエチケット!舌ケアをしている人はどれくらいいる?

口臭予防は大人のエチケット!舌ケアをしている人はどれくらいいる?

歯磨きは、歯の健康を維持するために欠かせないもの。食後はきちんと歯を磨いて、口内環境を整えることが大切です。では、歯磨きだけでなく舌のケアもしている人はどれくらいいるのでしょうか。実は「舌のケアしてますか?」というアンケートを取ったところ、なんと回答者の半数以上が舌もケアしていることがわかりました。一体どんなケアをしているのでしょう。

 

 

【質問】舌のケアしてますか?

 

子どもの仕上げ歯磨きは何歳まで行いますか?

 

【回答数】

してる: 58
してない :42

 

 

舌のケアをしている人が約60%

舌のケアをしていると答えた人は、全体の約6割。

 

舌には多くの菌がひそんでいると聞いたことがあります。そのため歯磨き時に、舌も一緒に磨いています。

(20代/女性/パート・アルバイト)

歯医者さんから薦められて、毎日しなくていいということだったのでたまにしている。

(60代/女性/正社員)

 

また、舌苔は口臭や口内トラブルの原因、体調のバロメーターになると思い、できたら取るようにしているという意見もありました。

 

むし歯や口臭の予防に、毎晩歯磨きの時に舌も掃除します。歯磨きの後はマウスウォッシュをして、寝る前に少し水を飲みます。朝起きた時も水を飲んでなるべく口の中が乾かないように心がけています。

(20代/女性/専業主婦)

 

その他には、ケアをしておかないと口内炎ができやすくなったり、口の中がネバネバしたりすると答えた人もいました。

 

アンケートからわかったのは、ケアしている人の半数が、口臭予防のために舌も清潔に保つようにしているということ。特に接客業や営業など、お客様と接する機会が多い職業に就いている人は、口臭に気を使って舌のケアも心がけているようです。

 

 

ケアしない理由は「怖い」「やり方がわからない」

一方、ケアをしない理由で多かったのは「舌は柔らかいため、傷がつきそうで怖い」といった意見やどのようにケアしたらいいのかわからないという2つでした。

 

口臭予防のためにケアをした方がいいとよく聞きますが、歯磨きと違って舌は柔らかいので細かい傷がつきそうで怖くてやってないです。

(40代/女性/専業主婦)

 

気になるけれど、舌をいじると吐き気がするし、そもそも、やり方がよく分からないから。

(30代/女性/専業主婦)

 

一度クリーナーでこすり過ぎて、痛い思いをしてから怖くてやっていない人や、舌掃除は口腔内のバランスを崩すような気がして怖くてできないという人も。また舌のケアの正しいやり方がわからず、何をすればいいのか教えてほしいという意見もありました。舌のケアは必要ない、歯磨きだけで十分だと回答した人も数人いましたが、舌を傷つけるのが怖かったり、やり方がわからなかったりする人がほとんどでした。

 

 

みんなはどんな方法でケアしているの?

それでは実際に舌をケアしている人は、どんなケアをしているのでしょう。ケアの時間は歯磨きをするときと同時でしたが、その回数には幅がありました。

 

食事の後の歯磨きと一緒のタイミングで口をよく洗い舌のケアをしています。

(40代/男性/正社員)

 

むし歯や口臭の予防に、毎晩歯磨きの時に舌も掃除します。歯磨きの後はマウスウォッシュをして、寝る前に少し水を飲みます。朝起きた時も水を飲んでなるべく口の中が乾かないように心がけています。

(20代/女性/専業主婦)

 

口臭につながるので舌みがきをしています。歯ブラシで夜に磨きます。

(30代/男性/正社員)

 

舌の汚れが気になるようになったので、舌ブラシで1週間に一度程度、やさしくこするケアをしています。

(40代/女性/正社員)

 

方法として一番多かったのは、歯磨きの際にハブラシで舌も軽くこするように磨くやり方でした。このとき舌ブラシなどの専用の器具を使って、舌をいたわりながらケアする人もいるようです。

 

毎晩寝る前の歯磨き後に舌ブラシで舌苔をかき落としてから、洗口液で口をすすぐのが習慣です。ジェルコートFを舌に薄く塗ってから舌苔を除去することもあります。

(40代/男性/個人事業主)

 

ビタミン不足気味になると吹き出物ができることがあるので、定期的に野菜や果物とるよう心掛けている。またフライ物等の熱くてざらついたものを連続して急いで食べると舌の表面を傷めることが多いのでゆっくり食べるようにしている。

(50代/男性/正社員)

 

寝る前の歯磨き後に舌ブラシで舌苔をかき落としてから、マウスウォッシュで口をすすぐというように、歯磨きと舌のケアを分ける方法もあるようです。その他にも、殺菌作用のある飴をなめている人や、舌の表面を傷つけないように普段の食事でもゆっくり食べるように意識しているという人もいました。

 

 

トラブル予防に舌ケアをはじめよう

アンケートでは、女性はケアする人としない人が五分五分だったのに対して、男性はケアする人(22人)がしない人(8人)の2倍以上という結果になりました。性別で見ると男性のほうがケアしている人の割合が多いようです。

 

ケアをしている人の理由を参考にすると、舌ケアは口臭予防や口内炎などの口内トラブルを予防するためには効果的なのかもしれません。歯磨き以外のケアも試してみたい人は、是非はじめてみてはいかがでしょうか?

 

 

【アンケート概要】

■調査地域 :全国
■調査対象 :【年齢】20歳~60歳
■調査期間 :2017年10月20日~2017年11月03日
■有効回答数 :100件