歯科医師、歯科衛生士の就職・転職は
福岡の宝歯会グループにご相談ください。

医療法人 宝歯会グループ
医療法人 宝歯会グループ
  1. TOP
  2. 歯科医師/歯科衛生士 宝歯会 関連コラム
  3. 「シュガーレスならむし歯にならない」というのは勘違い

「シュガーレスならむし歯にならない」というのは勘違い

昔からむし歯の原因と指摘されている「砂糖」ですが、甘い物が大好きな人にとって、甘いお菓子やジュースを我慢するのはなかなか大変なことです。

「我慢する代わりにシュガーレスのお菓子や飲み物を摂れば良いのでは…?」と考える方もいるかもしれませんが、ここには落とし穴もあるようです。

 

シュガーレスと書かれた商品にも砂糖が含まれている可能性がある

健康増進法によれば「シュガーレス」の定義は、100g(食品の場合)中または100ml(飲料の場合)中に含まれる単糖類または二糖類の糖類が0.5g未満なのです。つまり、350

mlのペットボトルのジュースであれば、1.75gまでは砂糖が入っていても「シュガーレス」と表記できるということです。

 

「砂糖が入っていないから、むし歯にならない!」と安心して長時間噛み続けていたガムにも、実は砂糖が入っているかもしれません。


「ノンシュガー」「無糖」「糖類ゼロ」にもご注意!

「シュガーレス」と似た言葉に「ノンシュガー」「無糖」「糖類ゼロ」がありますが、これらの意味もシュガーレスと同じです。

 

さらにいうと、「微糖」「低糖」はもう少し基準がゆるく、100g(食品の場合)中に含まれる単糖類または二糖類の糖類が5.0g以下または100ml(飲料の場合)中に含まれる単糖類または二糖類の糖類が2.5g以下となっています。

 

とはいえ、「シュガーレス」「ノンシュガー」「無糖」「糖類ゼロ」と表示されたもののなかには、本当に糖類がまったく含まれていないものもあるわけです。それと見分ける方法はないのでしょうか?

 

成分表示である程度は確認することができる

ステビアなどの甘味を持つが糖類ではない天然甘味料や、アスパルテームなどの人工甘味料、キシリトールやエリトリトールといった糖アルコールは「糖類」ではないため、「甘味を感じるけど糖類は含まれていない」商品ももちろんあります。

 

これらを見分けるひとつの方法として、パッケージの裏側などにある「成分表示」をチェックする方法が挙げられます。ここに炭水化物が0%と書かれていれば、砂糖がまったく使われていない可能性が高いです。

 

ただ、この炭水化物には、糖類と食物繊維に分かれ、それぞれを表示する義務はないため、炭水化物が0%でなくても砂糖が含まれていないことがあったり、そもそも食品成分表示は義務ではないため、メーカーの方針などによって書かれていたり書かれていなかったりするので、完璧な方法ではありません。

 

まとめ

今回は「砂糖」に焦点を当てて市販のお菓子や飲み物について考えてみましたが、むし歯の原因となるプラークのエサになるのは、砂糖を含む糖質全般です。

糖質を含む食べ物を長時間食べ続けないことを意識するのはもちろん、食事の時間、間食の時間を決めて、だらだらと食べないように習慣づけることが一番大切なのではないでしょうか。